サッカーJ2・モンテディオ山形は17日、今季に期限付き移籍で加入したMF小林成豪(24)の移籍期間が満了し、退団すると発表した。小林は所属先のJ1神戸から来季J1に昇格する大分に完全移籍する。

 兵庫県出身の小林は、神戸の下部組織から関学大に進み、2016年に神戸に入った。今季加入した山形では、シャドー(1.5列目)の選手としてリーグ戦34試合に出場し、チーム最多12得点を挙げた。天皇杯全日本選手権の4強入りにも大きく貢献し、山形も獲得に向けたオファーを出していた。

 クラブを通じ、「最後まで悩みましたが、大分でプレーすることを決断しました。...    
<記事全文を読む>