札幌は、今季チーム最多の12点を挙げたFW都倉のC大阪移籍が確実となった。チームの顔の流出は大きな痛手だ。一方、来年で33歳を迎える都倉にとって、C大阪側が提示した条件は異例の高評価とされる。札幌への愛着に揺れながらも、選手としてのステップアップを選んだ格好だ。

 都倉は2014年、札幌に入団。14~16年にJ2で2桁得点を記録し、16年のJ1昇格に貢献。今季は途中出場が多い中、J1で自身初の2桁得点を達成した。うち、後半ロスタイムに5点を挙げる勝負強さで何度もチームを救ってきた。

...    
<記事全文を読む>