北海道コンサドーレ札幌のFW都倉賢(32)が、C大阪へ完全移籍することが16日までに決まった。都倉はC大阪と面談した上で、移籍する意志を固め、15日の夜に電話で三上GMに伝えた。

 11日にC大阪から獲得オファーが届き、札幌は翌12日に三上GMが東京都内で本人と面談。条件を見直して再提示する構えだったが、C大阪の契約は札幌の2倍ほどもある推定7500万円を提示しており、慰留は難しかった。「本人も相当悩んで決めたこと。札幌には愛着があると話していたが、難しい交渉になることは覚悟していた」と三上GM。代わる選手の補強にも、すぐに着手していくことになる。

 来年、都倉...    
<記事全文を読む>