サッカーの第27回全日本大学女子選手権大会(インカレ)が23日、兵庫県三木市で開幕する。全国9地区代表など計24チームが出場。徳島県からは四国大と徳島文理大の2チームが四国代表で参戦する。4年連続4度目出場の四国大は8強入り、初陣の徳島文理大は初戦突破が目標だ。
 

 四国大 初の8強目指す


 四国大は右サイドハーフの梅津主将、左の桑原を両輪に小気味よくパスをつないで攻撃を組み立てる。167センチの天神を軸にしたセットプレーも武器にしている。

 1回戦でぶつかる札幌大とは2年前に対戦し3-0で完勝。ロングボールで守備の裏側を狙う相手...    
<記事全文を読む>