来季サッカーJ2に昇格するFC琉球の新監督に、今季までJ3のY.S.C.C.横浜で監督を務めていた樋口靖洋氏(57)の就任が14日、決まった。FC琉球が発表した。樋口氏は球団HPで「選手たちが生き生きとプレーする『躍動感』と、チームが一つになって連動し、ひたむきに戦う『一体感』をピッチで表現し、攻撃的に戦う」とコメントし、今季の「3対1で勝つ」超攻撃型サッカーの進化を誓った。この日は喜名哲裕トップチームコーチと佐々木将貴GKコーチとの契約更新合意も発表された。

 樋口氏は1961年生まれで三重県出身。選手としては四日市中央工業高校を卒業後、日産自動車サッカー部(現横浜F・マ...    
<記事全文を読む>