来季サッカーJ3で戦うカマタマーレ讃岐は14日、FW原一樹(33)が来季J3に降格する熊本に完全移籍するほか、MF佐々木渉(22)と契約更新し、来季の所属が決まったと発表した。

 原は千葉県出身。J2北九州から2017年シーズンに完全移籍で加入した。今季リーグ戦は35試合に出場して8ゴールを挙げた。通算成績はJ1で72試合11得点、J2で235試合69得点。

 東京都出身の佐々木渉は今季、J1FC東京から完全移籍で加入、リーグ戦30試合に出場した。

 また、契約満了となっていた高松市出身の豊島幸一GKコーチ(40)が熊本...    
<記事全文を読む>