J1磐田は14日、取締役会で小野勝氏(60)の代表取締役社長就任を正式に承認した。小野新社長は同日、ヤマハスタジアムで会見し、「ジュビロの黄金期に負けないようなチームの強化を目指す」と抱負を述べた。
 小野新社長は「大都市とはひと味違う、静岡らしいサッカーの完成」を掲げ、サポーターの満足度を上げながら、新たなファンの獲得も視野に入れる。育成年代との連係強化や東南アジアを中心とした海外への情報発信などのプランを明かし、ヤマハ発動機時代の経験から「グローバルな展開にはたけている」と自信をのぞかせた。
 小野新社長は兵庫県出身。関大卒業後の1981年、ヤマハ発動機に入社し...    
<記事全文を読む>