J2のFC岐阜は13日、島西運動場で県内での年内最後の練習を行った。練習後、大木監督が報道陣の取材に応じ、「もっとやれた気持ちはある。ぶれずに戦い抜きたい」と来季への飛躍を誓った。チームは14日に、川崎市でJ1を制した川崎との練習試合を行い、解散する。合流は来年1月中頃の予定。

 選手たちは午前10時から1時間ほど、パス回しやシュート練習に汗を流した。来季の契約を更新したMF三島は「得点やアシストはもちろん、チームの勝利につながるプレーを心掛けたい」と意欲を示した。

 大木監督は選手たちに「下を向かずに、コンスタントにプレーしてほしい」と期待し、来季の目標につい...    
<記事全文を読む>