サッカーJ3のAC長野パルセイロは13日、MF堂安憂(22)やDF内野貴志(30)ら5選手と来季の契約更新が決まったと発表した。
 大卒ルーキーの堂安は今季25試合に出場して5得点、4年目の内野は10試合で2得点だった。1年目で12試合に出場して3得点のFW竹下玲王(23)や2月の和歌山キャンプで負傷離脱したDF内田恭兵(26)、DF遠藤元一(24)も契約を更新した。

...    
<記事全文を読む>