埼玉縣信用金庫は12日、さいたま市浦和区の浦和ロイヤルパインズホテルで、サッカーの第98回天皇杯全日本選手権で12大会ぶり7度目(前身の三菱重工時代を含む)の優勝を飾った浦和レッズに、優勝お祝い金100万円を贈呈した。

 同ホテルでの天皇杯優勝祝賀会前に開かれた贈呈式では、橋本義昭理事長=写真左=が浦和レッズの淵田敬三社長を出迎えがっちりと握手。今シーズンの労をねぎらった。

 同金庫は2005年から累計2130万円を寄贈し、継続的にクラブ強化のためのサポートを展開している。

...    
<記事全文を読む>