サッカーJ2の金沢は11日、モンテディオ山形で主将を務めたFW山崎雅人(37)が今季限りで引退すると発表した。山形在籍時には献身的なプレーでチームを統率し、2014年のクラブ2度目となるJ1昇格や、天皇杯全日本選手権準優勝に貢献した。

 京都府出身で、J1横浜M、G大阪などを経て11年途中、J1広島から当時J1の山形に加入した。移籍1年目にJ2降格を経験。12年から3年間にわたり主将を務め、14年のJ1昇格プレーオフ決勝では値千金の決勝ゴールを決め、チームを2度目のJ1に導いた。

 山形でのリーグ戦成績はJ1で27試合4得点、J2で106試合...    
<記事全文を読む>