サッカーのJ2で初優勝し、J1昇格を決めた松本山雅FCを祝うパレードが九日、松本市街地で開かれ、約五万人(主催者発表)が沿道から選手たちに声援を送った。

 ホームタウン七市町村や松本商工会議所、山雅後援会などでつくる実行委員会主催。

 パレードは信毎メディアガーデン(同市中央)前から松本信用金庫本店(同市丸の内)前までの約四百メートル。午前十時半、井上保実行委員長が「出発」と号令をかけると、観客から「松本山雅」のコールがかかりスタートした。

 オープンカーやバスに乗った反町康治監督、選手たちが姿を見せると、ひときわ歓声が大きくなり、沿道の人たちは選手...    
<記事全文を読む>