J1サンフレッチェ広島の若手5選手が10日、広島市中区の原爆資料館を訪れ、平和学習をした。8月の長崎戦をピースマッチとして開催したのを機に、被爆地に本拠地を置くクラブとして、核兵器廃絶や恒久平和の大切さを選手に学んでもらおうと、クラブが初めて企画した。

...    
<記事全文を読む>