12日開幕のサッカーのクラブワールドカップ(W杯)にアジア代表として出場するJ1鹿島アントラーズを激励しようと9日、サポーター約500人が鹿嶋市粟生のクラブハウスに集結した。練習場には多数の横断幕が掲出され、大旗を振った試合さながらの応援で選手たちを鼓舞した。

 クラブW杯はアラブ首長国連邦(UAE)で開催される。応援に行けないサポーターも多く、大会前最後の日曜日に大応援を繰り広げて選手たちを送り出そうと、サポーターらがツイッターで来場を呼び掛けていた。

 全体練習が終わると、大岩剛監督と選手は一列に並んでサポーターに一礼。クラブW杯での活躍...    
<記事全文を読む>