J1鹿島は9日、FW鈴木優磨(22)がチームドクターによる検査を受け、右ハムストリング筋損傷による全治約2カ月の診断を受けたと発表した。

 鈴木は5日の天皇杯準決勝・浦和戦に先発出場し、試合終盤に負傷していた。故障を受け、15日に初戦を迎えるクラブワールドカップ(W杯)の登録メンバーからは外れた。

...    
<記事全文を読む>