サッカーJ1仙台は9日、さいたま市の埼玉スタジアムであった第98回天皇杯全日本選手権決勝で浦和に0-1で敗れ、準優勝に終わった。悲願の日本一こそ逃したが、2009年のベスト4を上回る過去最高の成績を挙げた。
 仙台は序盤から攻勢に出たが好機で決め切れず、逆に前半13分に先制を許して試合の主導権を握られた。その後は反撃に出たが、浦和の堅い守りに阻まれ、得点できなかった。
 スタンドは5万978人の大観衆で埋まり、仙台側も多くのサポーターが優勝を願って大きな声援を送った。試合終了後の表彰式で仙台の選手らはスタンドの表彰台に上がり、富田晋伍主将が準優勝のカップを受け取った...    
<記事全文を読む>