J1磐田の名波浩監督(46)の来季続投が9日、内定した。クラブは8日のJ1参入プレーオフ決定戦前から続投を要請していたが、同監督は態度を保留。9日夜に磐田市内で木村稔社長(64)と服部年宏強化本部長(45)が再確認し、同監督の承諾を得た。
 磐田は今季16位に終わり、プレーオフに回った。J2東京Vを下してJ1残留を果たしたが、名波監督は試合後、進退について「負けていれば辞めるつもりだった。時間がほしい。責任は自分にある」などと話していた。
 服部強化本部長は「16位だったが、勝ち点41を獲得した監督を辞めさせる理由はない。5年間でクラブは正しい道を歩んでいると思って...    
<記事全文を読む>