Jリーグは7日、今季の優秀選手30人を発表し、J1で2連覇した川崎からMF家長、中村、大島、FW小林ら最多となる10人が選出された。鹿島はMF三竿健、FW鈴木ら5人が名を連ねた。J1の優秀監督賞は札幌を4位に躍進させたペトロビッチ監督が初受賞した。
 最優秀選手賞やベストイレブンは、この30選手から決定して18日の年間表彰式、Jリーグ・アウオーズで発表され、若手選手に贈られるベストヤングプレーヤー賞は13日に決まる。
 フェアプレー賞高円宮杯はC大阪、最優秀育成クラブ賞は横浜Mが初受賞。J2のフェアプレー賞には松本山雅(2年連続)など9クラブが決まり、新設されたJ2...    
<記事全文を読む>