J1参入プレーオフ決定戦は8日午後2時、J1で16位の磐田がJ2の6位東京Vをヤマハスタジアムに迎え撃つ。磐田は引き分け以上で4年連続のJ1残留が決まる。敗れると4年ぶりのJ2降格となる。
 磐田は1日の川崎戦で後半終了間際に逆転を許し、プレーオフに回った。「メンタル的に落ち込まないようにする」と話していた名波監督は試合後2日間を休養に充て、4日から7日まで完全非公開で練習した。
 東京Vはプレーオフ2試合とも1―0で勝ち上がってきた。得点はいずれもセットプレーから。磐田は11月24日の札幌戦でFKから、川崎戦はCKから失点しているだけに、相手のセットプレーには警戒...    
<記事全文を読む>