サッカーの日本フットボールリーグ(JFL)は6日、理事会で来季新入会チームを決め、三重県関係では鈴鹿市拠点の鈴鹿アンリミテッドFCの初参入が決まった。来季のJFLは16チームで来年3月の開幕を予定。県内からは、平成29年から入会のヴィアティン三重を含む2チームが参戦する。

11月に千葉県などで開催した全国地域チャンピオンズリーグ(CL)で準優勝し、優勝の松江シティFC(島根県)とともにJFL入会を決めた。

運営会社「アンリミテッド」は同日、チ―ムオフィシャルパートナーのSC「イオンモール鈴鹿」でサポーター、一部選手らと「昇格決定電話を受け取る会」を実施。午後4時...    
<記事全文を読む>