10月の広島戦でクリスランが全治8カ月の重傷を負い、治療のためブラジルへ帰国する時だった。清水のチームメートは見送りに駆けつけて記念撮影し、その後の名古屋戦終了後にはクリスランの背番号「20」のTシャツを着てホームのアイスタを一周した。今季監督に就任したヤン・ヨンソンが求めるチームづくりの柱、「結束力」を示す象徴的な場面だった。
 清水は昨季、土壇場で残留を決めたが、前監督の小林伸二との契約を解除した。代わって招いたのが、昨季低迷した広島をJ1に残留させたスウェーデン出身の指導者だった。再建を託されたヨンソンは、若手を積極的に起用しチームに一体感をつくり上げていった。清水は組...    
<記事全文を読む>