「自分たちの思い胸に戦って」

 チームの功労者が今オフ、クラブを去ることになった。2度のJ1昇格に貢献した前主将のDF河合竜二(40)とFW内村圭宏(34)。今季で契約満了となったベテラン2人は「クラブに残りたくても残れなかった人の思いを胸に戦ってほしい」と仲間に願いを託した。(渡辺史哉)

 河合は2011年に横浜M、内村は10年に愛媛からそれぞれ加入。河合は11年から15年まで主将を務め、内村はエースとしてチームを引っ張った。

 河合が「あの2試合は思い出」と振り返るのが、2―1で勝利した11年のJ2最終節FC東京戦と、2―1で逆転勝ちした16年のJ...    
<記事全文を読む>