J1の16位磐田とJ2の6位東京VによるJ1参入プレーオフ決定戦が8日、ヤマハスタジアムで行われる。磐田は過去の厳しい試合の経験を生かし、J1残留を果たしたい。
 2008年のJ1・J2入れ替え戦。J2仙台と対戦したJ1磐田は敵地の第1戦で1―1。ホームの第2戦を2―1で勝ち、残留を決めた。当時、磐田のコーチで、監督も務めた現J2金沢の柳下正明監督=浜名高出=は「シーズン途中にオフト監督が就任し、残留だけを目指す戦いに方向転換した。最初はみんな疑心暗鬼だったが、入れ替え戦でまとまった」と話す。「仙台の良さを消し、弱いところを突く。その上で自分たちの良さを出す」と当時貫いた&l...    
<記事全文を読む>