北海道コンサドーレ札幌は5日、6選手と1回目の契約更改交渉を行った。J1浦和から期限付き移籍で今季加入したMF駒井善成(26)が、完全移籍で来季契約の提示を受けた。浦和との契約が今季限りとなっていた駒井自身は、今後も札幌でプレーすることを前向きに話しており、来季も赤黒のユニホームを着ることは確実だ。

 ミシャサッカーの申し子が、来年もチームを引っ張る。駒井は今季29試合に出場。札幌の変革期に、浦和時代に1年半指導を受けたペトロビッチ監督とチームをけん引してきたことが、クラブからもしっかりと評価された。来季契約の提示を受け「1年間の評価をしてもらい、来年、再来年と、軸として考...    
<記事全文を読む>