サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)は5日、各地で準決勝2試合が行われた。J2のモンテディオ山形は仙台市のユアテックスタジアム仙台でJ1仙台と対戦し、2―3で敗れ、4大会ぶりの決勝進出はならなかった。

 山形は前半14分に右サイドを崩され先制を許した。その後に2失点したが、FW阪野豊史が2得点を奪う活躍をみせ、前半を2―3で折り返した。後半は攻守の形を修正して反撃。カウンターやセットプレーでチャンスをつくったが、相手GKらの好守などに阻まれ、追いつけなかった。

 J1同士となった浦和―鹿島は、...    
<記事全文を読む>