男女そろって日本一をつかむ好機が訪れた。男子のJ1仙台は天皇杯で9年ぶりの準決勝、女子のマイナビベガルタ仙台レディースは皇后杯で6年連続の準々決勝に進出。快進撃を続ける両チームの中盤で、同郷の2人が存在感を発揮している。
 仙台の野津田岳人とマイナビ仙台の樫本芹菜は同じ広島県出身。野津田は今季、リーグ戦で23試合出場2得点と活躍するなどチームの核を担う。9月に加入した樫本は皇后杯で初戦から2戦連続で先発。地元の広島で2日にあったC大阪堺との3回戦ではフル出場し、無失点で8強入りに貢献した。
 樫本は2学年下の野津田の存在を以前から知っていた。自分より一つ上の年代のカ...    
<記事全文を読む>