シーズン報告で佐賀新聞社を訪れたサガン鳥栖のフェルナンド・トーレス選手ら5人は、それぞれ激闘となった今シーズンの戦いを振り返り、来季に向けた意気込みなどを語った。

来季はいい方向に FW#11 豊田陽平
 韓国から戻ってきて、いろんなことが学べた1年だった。残留できて素直にほっとしている。来季はいい競争をして、チームがいい方向に行くようにしたい。

一丸となり戦った FW#9 フェルナンド・トーレス
 新しい生活や日本のサッカーに挑戦したくて鳥栖に入った。非常に厳しい状況だったが、一丸になって戦うことができた。エキサイティングな年だった。 <記事全文を読む>