サッカーの天皇杯全日本選手権は5日、各地で準決勝2試合が行われる。J2勢で唯一勝ち残るモンテディオ山形は午後7時から、仙台市のユアテックスタジアム仙台でJ1仙台と対戦する。サイドを大きく使う陣形を取る両チーム。その攻防が試合のポイントの一つになりそうだ。

 山形は4日、天童市の県総合運動公園第3運動広場で調整した。今大会はリーグ戦先発メンバー以外も多く起用。J1王者・川崎などの格上に対し、守備重視の戦術がはまり、勝ち上がってきた。

 仙台は通算成績13勝6分け15敗、11位でリーグ戦を終えた。陣形はアンカー(中盤の底)を置いた3―5―2が予想...    
<記事全文を読む>