サッカーJ3のグルージャ盛岡は4日、チーム名を2019年シーズンから「いわてグルージャ盛岡」に変更すると発表した。陸前高田市を新たにホームタウンに加え、県内全33市町村をホームタウン化。これまで以上に県民に広く親しまれるチームを目指す。

 グルージャは昨年、北上市など32市町村をホームタウン化。陸前高田市は、J1の川崎と友好協定を結んでいるため申請を見送っていたが、川崎の快諾を得て追加した。11月末のJリーグ理事会で承認された。

 今後は名実ともに岩手のチームとして、将来のJ2、J1昇格を見据えていきたい考え。選手が各地を訪れて練習したり、子ども向けの教室を開く...    
<記事全文を読む>