Jリーグはフロンターレの連覇で幕を閉じた。最多勝利、最少敗戦、最多得点、最少失点、最多得失点差でトップ。「完全優勝」は強さの証明です。

 鬼木達監督(44)が「連覇を意識させて臨んだ」シーズン。選手はプレッシャーをはねのけました。攻守の連動、特に攻から守への切り替えの早さと的確なポジションでボール奪取へ転じる滑らかさは成長の跡。そして、変化に富んだ攻撃は「Jリーグの華」でした。

 日本代表合宿でフロンターレの選手が他チームの選手から「フロンターレのようなサッカーをするところに優勝してほしい」と掛けられたひと言は、何よりの褒め言葉でしょう。

 フロンタ...    
<記事全文を読む>