J1リーグ2連覇を達成した川崎フロンターレは2日、川崎市麻生区のクラブハウスで今季最後のミーティングを行い、集まったサポーターらと2連覇の喜びを分かち合った。

 ミーティングでは、鬼木監督が「みんなでつかんだ連覇だけど、悔しい部分も多かった。(来季は)カップ戦を取れる力を付けていこう」と呼び掛けた。チャンピオンフラッグやシャーレを持って記念撮影し、サポーターが花道をつくってハイタッチで祝福した。

 2008年入団で、チームと共に成長してきた田坂は「チームが王者らしくなってきた。一発勝負の弱さがあるのはまだまだ伸びしろがあるということ。来季もフ...    
<記事全文を読む>