「選手と共にJ2昇格目指す」―。サッカーJ3のザスパクサツ群馬は2日、前橋市の正田醤油スタジアム群馬にYS横浜を迎えて今季最終戦に臨んだ。スタンドには四千人を超すサポーターが詰め掛け、勝利を願って声援を送った。試合終了間際の失点で2―2の引き分けとなったが、サポーターはJ2復帰を目指す来季の戦いに期待を寄せた。

 試合前から大勢のサポーターが勝利を願い、各選手の応援歌を歌って盛り上げた。アウェー戦も含め今季全試合に足を運んだ「湯もみ娘」の小柴有佳さん(46)=前橋市=は「若いサポーターも増えて、スタンドは一体感が増した。選手には全力を出し切ってほしい」とエールを送...    
<記事全文を読む>