フットサルの全国リーグ・Fリーグは1日、第25節を北海きたえーるなどで行い、最下位の浜松は11位の北海道に3―2の逆転勝ちを収めた。
 浜松は前半3分に先制され、リードを許して試合を折り返した。
 後半3分にも追加点を決められたが、8分に野嶋のゴールで1点差に迫ると、パワープレーから17分に中村が同点弾。試合終了7秒前に前鈍内が逆転ゴールを決め、劇的な展開で13試合ぶりの勝利を手にした。

 浜松(11) 3(0―1 3―1)2 北海道(17)
 ▽得点者【浜】野嶋、中村、前鈍内【北】水上2

...    
<記事全文を読む>