サッカーJ1リーグ最終節(1日・ノエビアスタジアム神戸ほか=9試合)仙台は神戸に2-3で敗れ、順位を一つ下げ11位でリーグ戦を終えた。
 混戦の残留争いは、前節13位の磐田が川崎に1-2で負け、得失点差で16位となった。8日のプレーオフでJ2の横浜FC-東京Vの勝者と対戦する。
 前節16位の名古屋は湘南と2-2で引き分け、15位で残留。2ゴールのジョーが24点で初の得点王に輝いた。広島は札幌と2-2で引き分け2位を確保し、3位鹿島とともにアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権を得た。

(2)ノエスタ(神戸1勝1分け)
神戸 3 1-0 ...    
<記事全文を読む>