徳島ヴォルティスの岩尾憲キャプテンが30日、徳島市の川内中学校で講演し、3年生約160人が夢を持つことや目標に向かって努力することの大切さを学んだ。講演は、高校受験を控えた3年生が前向きに夢を追うきっかけになればと同校がヴォルティスに依頼し実現した。徳島ヴォルティスの現役選手が講演するのは初めて。

 ユニフォームを着た岩尾選手は、生徒ひとりひとりと言葉を交わしながら、5歳のときにテレビで見たJリーグ開幕に感動してサッカー選手を志したこと、壁にぶつかるたびに自問自答を繰り返しながら乗り越える努力を重ねてきたことを語った。

 ■講演の要旨■

 幸せな人生...    
<記事全文を読む>