「ダンプさん」の愛称で親しまれた野球解説者の佐々木信行さん(65)が今季でプロ野球解説者を辞め、半世紀近く身を置いたプロ野球界に別れを告げた。1970年代のロッテと2005年からの東北楽天。宮城を拠点にした2球団の歴史を全て知る生き証人だった。
 どちらも不思議な縁に導かれた。71年秋に宮城・佐沼高から社会人チームに入るはずが、ロッテから想定外のドラフト指名を受けた。2年目から宮城球場(現楽天生命パーク宮城)の土を踏み、引退後も03年まで2軍監督などを務め、04年秋に仙台市内に居酒屋を開いた。すると、球界再編騒動の渦中にいた堀江貴文ライブドア社長(当時)が不意に来店し、新球団...    
<記事全文を読む>