東北楽天は28日までに82選手(育成16人を含む)と来季の契約を結んだ。河北新報社の集計によると、年俸総額は約27億8000万円。4年ぶりのクライマックスシリーズ(CS)進出を果たした昨季を反映して過去2番目の高さとなった今季より、約9000万円減った。ベテランを中心に厳しい査定となった半面、国内フリーエージェント(FA)権を行使した浅村栄斗内野手を獲得するなど積極的な補強を進め、3年ぶりの最下位ながら微減にとどまった。(狭間優作)

 日本人選手の総額は約22億5000万円で、前年比で約2000万円減った。減俸額が最大だったのは、35歳の今江年晶内野手。3年契約の...    
<記事全文を読む>