日本ハムは26日、大田泰示外野手の背番号を33から5に変更すると発表した。5番は今季限りで退団するレアードが2015年から背負っていた。巨人時代も「55」や「44」だった大田は「ずっと1桁の背番号に憧れていたので、もっともっと活躍をして自分の背番号にできるように頑張っていきたい」と、球団を通じてコメントした。

 また、背番号が未定となっていた新外国人のジャスティン・ハンコック投手は28番、ジョニー・バーベイト投手は33番に決まった。(喜代吉健介)

...    
<記事全文を読む>