プロ野球北海道日本ハムの田中賢介内野手(37)が25日、札幌市内の球団事務所で契約更改後、記者会見で「最後の1年。日本一になれるよう最後の1球まで全力で頑張りたい」と述べ、来季限りで現役を引退する意向を表明した。

 引退を決めた理由について「自分ができると思っていることと、実際にできていることのギャップが大きくなってきた」と、思い通りのプレーができないことへの歯がゆさを挙げた。

 田中賢選手は2000年にドラフト2位で入団。13、14年に米国でプレーした後、15年から日本ハムに復帰した。堅守と巧打の左打者として長年チームを引っ張り、5度のリーグ優勝に貢献。通算成...    
<記事全文を読む>