プロ野球のドラフト会議で東北楽天イーグルスに育成2位で指名された、多賀町出身の則本佳樹投手(24)が二十四日、小学生時代に所属していた同町の少年野球チーム「YK野球塾」に、バッティングマシンを贈った。

 則本投手は、チームの一期生。楽天で活躍する則本昂大投手の弟だ。北大津高校では甲子園に出場。近畿大を経て、静岡県島田市の「山岸ロジスターズ」でプレーしている。

 多賀町四手の四手グラウンドであった贈呈式には、小学二~六年生二十四人が参加。則本投手は「小学生時代にはストライクが入らなかった」と振り返り、「中高大、社会人と野球を続け、自分に何が足りないか考えて練習し、...    
<記事全文を読む>