西武の秋山翔吾外野手(30)が24日、政界のプリンスを粉砕した。出身地の神奈川県横須賀市で野球教室を開催。4年連続で登場した地元選出の小泉進次郎衆院議員(37)と毎年恒例の真剣勝負で右中間に特大弾。「進次郎さんがいいところに投げてくれた」と笑みを浮かべた。

 順調なら来季中に海外FA権を取得する秋山は球団からの複数年の提示を固辞し、単年契約で来季に向かう。小泉氏は子どもたちの前で「もしかしたらメジャーと言うね。これ言っちゃいけなかったかな。もしもメジャーにいったら横須賀から初のメジャーリーガーになる」と激励。これには秋山も苦笑いだ。

 赤いジャージーで登板した小...    
<記事全文を読む>