来季の目標はフル出場! 日本ハムの清宮幸太郎内野手(19)が23日、年内最後の千葉・鎌ケ谷自主トレを終え、2軍施設のある勇翔寮を後にした。プロ1年目から7本塁打を放つなど、大器の片鱗を見せつけた怪物スラッガー。しかし、1軍53試合の出場にとどまった今季の成績には決して満足していない。20歳を迎える2019年は主力としてチームを日本一に導き、主役の座を射止めてみせる。

 初体験だらけの1年目が幕を閉じた。この日は鎌ケ谷での練習納め。清宮はいつもと変わらず、黙々とダッシュを繰り返した。

 「新しく学んだことばかりだったので、どれもすごい勉強になったし、確実に来年につ...    
<記事全文を読む>