広島の野間が、例年とは異なる心境でオフを過ごしている。初めて規定打席に到達したプロ4年目を終え、「不安しかない。時間が許す限りバットを振っている」。球界ではブレークした翌年に落とし穴があるとされるだけに、さらなるレベルアップが欠かせないと肝に銘じる。

...    
<記事全文を読む>