ベイスターズは21日、年内の業務を終え、横浜市中区の球団事務所で仕事納め式を行った。20年ぶりのリーグ優勝と日本一を目指した今季は4位に終わり、岡村信悟球団社長(48)は「たくさんのお客さまに来ていただけたが、ファンもチームも優勝を目指していた。悔しさが残る」と1年を締めくくった。

 今季はラミレス監督体制3年目で初めてAクラス(3位以上)入りを逃したが、主催試合は過去最多となる年間202万7922人を動員。主催72試合(新潟での1試合含む)のうち52試合でチケットが完売し、球団史上初の200万人超えを達成した。

 前年の19年ぶり日本シリー...    
<記事全文を読む>