プロ野球の近鉄などで活躍し、米大リーグのドジャースでもプレーした中村紀洋さん(45)=兵庫県西宮市=が使っていたバットやユニホーム、獲得したトロフィーなどを展示する移動式の「コンテナ記念館」を、同県加東市の建築会社「コラボ」が製作した。中村さんが主催するイベントなどで披露していく予定で、戸田敏則社長(47)は「名選手の活躍の証しを身近に感じ、子どもたちに夢を持って野球に取り組んでほしい」と話している。(藤田 彰)

 

 中村さんは1992年、大阪・渋谷高からドラフト4位で近鉄に入団。強打の内野手として頭角を現し、2000年に本塁打と打点の2冠に輝いた。...    
<記事全文を読む>