「打倒・広島」に向け、セ・リーグ5球団が着々と補強を進めている。巨人は近年にない大型補強。最下位から巻き返しを期す阪神は投手力の強化に重点を置く。ヤクルト、DeNA、中日もトレードや新外国人などの獲得で戦力を整備している。

...    
<記事全文を読む>