父親は言わずと知れた野村元監督。野球理論はもちろん、どこかのっそりとしたたたずまいまで父譲りだ。「歩いているところとか、話している間合いとかがおやじに似ていると、最近よく言われる。さすがに、もう45歳だから」
 2005~09年に選手、バッテリーコーチなどでチームを支え、10季ぶりに復帰した。
 駆け出しコーチだった07年、新人嶋の教育係だった。「捕球は下手。逃げ腰で、サインを出すのにもパニックになっていた」と懐かしむ。その後、嶋は13年のリーグ優勝、日本一を経験した。「『優勝チームに名捕手あり』と言うが、経験を積んで安心感というか味が出た。球界を代表する捕手になり...    
<記事全文を読む>