仙台六大学野球で初めての留学生選手が誕生しそうだ。台湾・高雄大からの交換留学生で宮城教育大に通う張翼宏(ちょうよくこう)さん(21)が来春のリーグ戦デビューを目指して練習に取り組んでいる。「日本の大学野球で多くの経験を積んで今後の人生に生かしたい」と意気込む。

 張さんは同じ台湾出身でプロ野球巨人の陽岱鋼選手に憧れ、高校から本格的に野球を始めた。高雄大のスポーツ学部で学問としての野球を専攻。コーチング理論を学んできた。野球先進国の日本で野球を経験しようと日本語も習得し、今年10月に来日した。
 宮教大の野球部で走り込みや打撃練習といったメニューをこなし、...    
<記事全文を読む>