プロ野球ヤクルトの一軍投手コーチで、高岡市出身の田畑一也さん(49)を招いた野球教室が十六日、母校の二塚小学校であった。

 二塚公民館が主催し、二塚ヤンキースの児童二十一人と卒業生二人が参加した。田畑さんは、子どもたちの走塁練習やキャッチボール、ノックを見てアドバイス。送球では、体を木に例えて「木の幹をぐらぐら動かさず、枝の手で投げる」と指導した。

 六年の登坂大哉(とうさかだいや)君(12)は「キャッチボールの投げ方や捕り方を分かりやすく教えてもらった。楽しかった」と笑顔だった。五年の南塚陽喜(はるき)主将(11)は「きょう学んだことを皆で生かしていきたい」と...    
<記事全文を読む>