ポスティングシステムを利用して米大リーグに挑戦する西武の菊池が16日、成田空港から渡米した。現地でトレーニングを続け、必要なら交渉にも参加するという。交渉期限は来年1月2日(日本時間1月3日)で年明けまで滞在予定。「この渡米が一つの(移籍の)きっかけになると思う。全ての出来事を楽しんでポジティブに進めていきたい」と前向きに話した。

 代理人のボラス氏や日本人スタッフと毎日連絡を取り合っており「(情報が)耳には入ってくるけど、まだ正式なオファーは来ていない」と現状を説明した。到着後はキャッチボールを再開予定。人事を尽くして天命を待つ。

=2018/12/17付 西...    
<記事全文を読む>